三河みりん 学習会報告

遠路はるばる、愛知県碧南市から角谷社長がお越しくださり、三河みりんの魅力を余すところなく紹介してくださった今回の学習会。
お子さん連れの方から理事、チームメンバー合わせて16名の参加となりました。
b0368578_13544371.jpg

 みりんが歴史上、その名を記されるのは500年ほど前、戦国時代のころのこと。甘みが貴重だったその時代には、大名しか飲めない【甘い高級酒】でした。現代では工業でも知られる愛知県は、農業環境も豊か。米がとれ、豊かな水と温暖な気候から、酒造業がさかんになるとともに多くの醸造業―酢、みそ、しょうゆ、みりんーも発達してきました。そもそも、みりん製造は酒粕を有効活用するところから始まった産業であると聞き、日本の伝統食文化はまさに米によって支えられているのだなぁ…と実感しました。
 現代の三河みりんは「もち米・米こうじ・本格焼酎()」と、すべて米から作られます。みりんづくりは、まず焼酎造りから始まります。精米したコメを洗米・浸漬して蒸しあげたものを仕込みます。そうしてできたもろみを櫂でかくはんしながら、3か月ほど熟成させ、絞ります。その絞ったみりんを半年~1年熟成させて、みりんの完成となります。三河みりんは加熱殺菌をしないで瓶詰めします。生詰なので、瓶の中でゆっくりと米麹がはたらき、もち米の美味しさがひきだされていくのだそうです。一般的な本みりんはブドウ糖やでんぷんなどの糖類を250%まで増量できるうえに、23か月で市場にでるそうですから、味の深みが違うのも当たり前ですね。三河みりんは、一日当たり3t、一升瓶にして2000本分の米と、一升瓶1000本分の焼酎から、みりん一升瓶2000本分を製造しています。使用したコメの半分はみりん粕になる…という、なんとも贅沢に米を使用した調味料なのです。

b0368578_13544344.jpg


ちなみに、みりんはアルコール。お車でお越しの方は香りを確かめるしかできないので、企画当日は煮切りみりんをつくって豆乳寒天にかけて召し上がっていただきました。だいたい、半量くらいになるまで煮詰めればアルコール分は飛ぶそうです。これは美味しい…!

そのまま飲んでもおいしい、三河みりんの活用レシピはぜひ、HPで確認してみてくださいね。

☆三河みりんHP http://www.mikawamirin.com/

b0368578_13554178.jpg

学習会では、角谷社長から日本の緑・環境保全への想いも語られました。農業とは「おてんとさん仕事」。しかしながら、現代は生産効率が重視される時代。収穫を増やし、生産物を守るために農薬を使う農業が基本となっています。農薬は地下水にながれこみ、私たちが口にする水にも入ることに・・・。失われてからでは、回復できないのが、緑の再生産。庭の先に連なる、田畑のもつやすらぎ。それが近くにあるほど暮らしやすく、遠くにあるほどくらしにくいのでは・・・?三河みりんの原料米は、すべて減農薬米!農家さんの苦労も踏まえた金額を払うということは、その地域の緑を守ることにもつながります。食料としての値段、というだけでなく、環境とのかかわりにも価値を認め【どこでとれたもの、作られたものか】を確認して購入する【お茶碗一杯からの環境運動を始めませんか?】…毎日の買い物は、確かに私たちの未来につながっています。選ぶ目を持った消費者に…ママノワバンビ&マルシェの想いとも重なる角谷社長の言葉に、参加者の皆さんとともに共感した学習会でした。

b0368578_13545010.jpg

終わってからも、質問がつきない参加者の皆さん。でも、
できたら皆さんでシェアできるように、質問は時間内にお願いしますー!!

b0368578_13550428.jpg

 8月のお酢、今月のみりん、どちらも時間をかけて丁寧に作られたものは複雑なうまみを持っていました。

家庭で作る料理には、本物の調味料があれば、出汁はなくても十分美味しいように思います。

学んだことをもとに、また調理実習企画ができるといいなぁ・・・。

こちらの書籍は、角谷文治郎商店さまより、コープ自然派奈良に寄贈されました(^^)

組合員活動ルームに展示してありますので、よかったらご覧くださいね。

[PR]
# by mamanowa-marche | 2017-09-20 09:00 | 食の学び場
自然なこそだてやライフスタイルのお話を
気軽におしゃべりする場、こそだてカフェ
お知らせです。
b0368578_16330180.jpg

10月は「せっけん、どうしてる?」がテーマ169.png
手作り派の方も、おすすめメーカーがある方も
これから使ってみたい方も
みんなで【せっけん】のこと、お話しましょう♪

日時:2017年 10月18日(水)10時~12時
※参加予約制、時間内の出入り自由。

会場:きらっ都なら 4階会議室
   (近鉄奈良駅 徒歩5分くらい)

参加費:おとな500円 こども50円(保険料として)

定員:6~8名
※お子さんの人数により変わります

持ち物:お子さんの飲み物、必要な方は筆記用具
※会場使用規定により、会場内でのおやつ・食事はできません。

申込:9月25日(月)~コープ自然派組合員サービスセンターにて
   受付開始です。

178.png11月は8日(水)、21日(火)を予定しています。

[PR]
# by mamanowa-marche | 2017-09-19 16:33 | 自然派・こそだてカフェ
自然派の組合員通信用に書いたレポート、字数制限でボツになった元の原稿を
こちらでひっそりと公開しています105.png

こんな遠くまで…と思われた方も多いかなと思うのですが
実は我が家は朝6時半に家を出て、天橋立観光もしてきました106.png
行ってみたら案外近かったし、丹後の海車両の特急に
「青松」も乗れたので、乗り鉄の子供も満足の日帰り旅でした~174.png

b0368578_17530138.jpg
b0368578_17531921.jpg


行ってきました!京都から特急(運が良ければ?とっても素敵な「丹後の海」車両に乗れます♪)で2時間くらい、宮津駅からタクシーで10分ほどの飯尾醸造さん。明治26年創業から使われるお酢の蔵は、丹後の穏やかな海に面した静かな通りにありました。発送前の商品たちが並ぶ「明治蔵」から、今も製造タンクが並ぶ「大正蔵」へ一歩足を踏み入れると、ふわっとお酢の香り。タンクにかけられた木の梯子を上がって中を見せてもらうと、酢酸菌膜が広がっていました。お酢は日本酒に種酢(酢酸菌)を仕込んでつくります。お酢をつくる酢酸菌は空気を好むそうで、空気に触れるタンクの上の部分で酢ができます。すると、お酢は日本酒より比重が重いので、タンクの中ではゆっくりと対流が起こります。飯尾醸造さんでは80120日かけて日本酒をお酢にかえていきます。そして出来上がったお酢は5回ほどタンクを入れ替えながら、じっくりと240300日かけて熟成されます。お酢づくりとは、時間のかかるものなのですね。大手メーカーさんでは1か月ほどで醸造したアルコールに種酢を加え、タンクの中に直接空気を送り込むため、1か月ほどでお酢になったものを1か月ほど熟成させて、加熱・殺菌したものを出荷しているのだそうです。本来、お酢は殺菌力が強いもの。飯尾醸造さんでは火入れの工程はありません…きちんと作られているものには必要ないのです。試飲の時に市販品と味を比べてみましたが、その違いは歴然でした。中でも富士酢のプレミアムがあんまりおいしかったので、後期はママノワバンビで酢の味比べと料理を企画したいな!と考えてます。

私たちが見学したのはお酢の蔵だけでしたが、飯尾醸造さんには原料のお米(環境負荷の低い紙製の資材を用いた無農薬米!)を蔵人が作っている棚田があります。持続可能な環境を守る活動の一環でもあり、援農交流の場でもあるのだとか。また、お酢のもとになる日本酒を作る酒蔵は車で10分ほど離れたところにあります。これは、酢酸菌が発酵を妨げるため、おいしい日本酒ができなくなってしまうから。また、この日本酒はその年の秋にとれる新米だけで仕込まれたもの。フレッシュで深みのある富士酢の味と香りはこうやって作られるのか…と感動もひとしおでした。こうやって、米作り、日本酒造り、そして酢づくりまでを一貫して手掛けるメーカーは日本でも飯尾醸造さんだけ!いつの日か援農体験にも参加したいなぁと夢が膨らみます(^^)

最後にママノワメンバーの感想をご紹介します。

『蔵を訪問させていただくことができて、こんなに豊かな自然の中でじっくり時間をかけ、子どもを育てる様に大切に大切に育まれたお酢をいただけることの幸せを感じました。いくつか試飲もさせていただきましたが、小学生の子どもも「美味しい!!」と飲めるくらいで、中でもぽん酢がお気に入りでした。生産者さんを訪問できたりお話しを直接聞けたりするのは、コープ自然派ならではの本当に貴重なありがたい機会だなぁと改めて思いました。』

お忙しい中ご案内くださった飯尾醸造の秋山さん、遠いところまでの見学企画にお付き合いくださった参加者の皆様、どうもありがとうございました!

☆飯尾醸造さんの魅力がいっぱい詰まったHP はこちら⇒http://www.iio-jozo.co.jp/

b0368578_17585568.jpg
b0368578_17574477.jpg



[PR]
# by mamanowa-marche | 2017-08-18 17:24 | 食の学び場

飯尾醸造さん企画情報☆

告知期間が短くなってしまうので
ブログを見てくださる方には先行情報♪

飯尾醸造さん…https://www.iio-jozo.co.jp/
奈良からだと遠いですが、現地集合解散です。

・13時に最寄り駅(宮津)集合予定→飯尾醸造さんに移動
・13時15分~蔵見学・試飲の後はお買い物(^^♪
・15時くらい~現地解散

移動手段は自家用車または電車です。
交通費、高いですよね(><)
電車の方は駅からのタクシー代は補助しようかなと思っています。
参加費は無料☆

今回は子連れ企画なので、
メンバー以外の募集は
3~4組の予定です。

また、小学生以上の方のみを対象としています。
未就園児、未就学児の方はごめんなさいです。

子どもと一緒に本物の味を体験したい
小学生ママ&パパの参加お申し込みを
お待ちしています♡



[PR]
# by mamanowa-marche | 2017-06-24 20:25 | 食の学び場
夏休みだし、近くの生産者さんの見学行ってみたいな~と
ダメもとで問い合わせたら、OKが頂けました♡

8月9日(水)午後に飯尾醸造さんの蔵見学に行きます!
と~ってもまろやかなお酢「富士酢」の飯尾醸造さん
いいお酢はいい米から、の理念のもと
地元・宮津でコメ作りから取り組むメーカーさんです。

今回は親子見学を予定しています!
(小学生以上が対象です)

詳細はコープ自然派の組合員通信・イベント案内での
ご案内をおまちくださいね~♪

8月はお酢
9月はみりん
バンビ&マルシェで食を学びましょう。
♡チームメンバーさんも募集中です♡



[PR]
# by mamanowa-marche | 2017-06-21 12:53 | 食の学び場
全然、更新していないのに、時々見に来てくださる方がいらして
ありがたいなぁと思います(^^)

そんな時折、見に来てくださる方に先行情報☆

料理の基本は調味料!
ということで、今年は「三河みりん」でおなじみ
角谷文治郎商店さんの学習会を
9月11日(月)10時~11時半
組合員活動ルームにて行います♪

詳細は、ただいま打ち合わせ中。
告知は自然派の組合員通信&HPのイベント案内をお待ちくださいね~☆
お楽しみに♡

[PR]
# by mamanowa-marche | 2017-06-18 11:55 | 食の学び場
今日はコープ自然派奈良の組合員活動に関する
「ビジョン会議」に出席してきました。

会議中にある議題があって
いくつかに分かれたグループごとに意見を発表したんですが
みんな同じ意見で、ちょっとびっくり
(私は参加していないものだったので黙っていた)

意見が同じというのは平和なこと
だと思われがちだけど、実は違う。
異論があって議論できることこそ、
それぞれの意見を持って
それを口に出来る「自由」があるということ
意見の対立は悪いことではなくて
新しい価値観を生み出すのに必要なプロセス
という文章を読んだことがある。


ちょうど、何号か前の組合員通信の理事会報告で
(考え方もいろいろあるから)
生協の年間活動テーマを
「毎年新しくしなくてもいいんじゃないか」

と書かれていたのが心に引っかかっていた。

新しい価値観が出てこない。
意見を求められると同じ意見しか出ない。
これって、ちょっと前に話題になった
「忖度」みたいな…?


帰り際に理事さんに渡された、
これまた話題の「森友学園」問題についての
コピーをみて、ふと思った。
政治のレベルは国民のレベルと同じ。
向いている方向や主張は異なるかもしれないけど
1つにまとまるっていうのは、どちらかに
転びやすい危うさにもつながる。
自分達が所属しているところで
波風立てない空気の中に生きている。
それは確かに「時代の空気」と重なっている・・・
のかも。

なんて書いている私の申請も却下されたりしないので
自然派の組合員活動は民主的だと思っています(笑















[PR]
# by mamanowa-marche | 2017-04-28 21:03
昨年は食育のバンビと
「好きと得意でつながる」マルシェ
の二つのチームでしたが

今年はママノワバンビ&マルシェ
として活動申請しています。

自然派には「食」について意識や関心が高く、
様々なスキルを持った組合員さんが
たくさ~ん、いらっしゃいます。
そうした組合員さんに食講座をお願いしたり
生産者さんの学習会をしたりできたらいいな~と
思っています。

企画に参加したり、講師として関わってもらったり
自然派をきっかけに出会いが広がると嬉しいです♪

運営メンバーさんも募集中。
何か新しいこと始めたいな~という食に興味のある方はぜひ
一度遊びに来てくださいね~162.png





[PR]
# by mamanowa-marche | 2017-04-11 12:29
先日、自然派組合員向けの通信に掲載された
シュガーブルース上映会の企画報告をご覧になって
自主上映に関心をお寄せくださった方が
いらっしゃいました♡

上映会当日はスタッフの欠席が続いて大変だったけど
関心の輪が広がるって嬉しいです~(^^)

自主上映会実施については下記HPをご覧くださいませ。
条件など詳細は直接、配給会社さんにご確認くださいね。
http://www.sugar-blues.com/jishu/jishu.html







[PR]
# by mamanowa-marche | 2017-04-06 20:17
今年度のママノワ♡マルシェ最後の企画
【ママのための♪アロマ時間と「こんなときどうする?」診療科の選び方Q&A】
みなさんお子さん連れでのご参加でしたが
無事に終了しました。

今日はお試しサイズということで
天然塩20グラム ドライハーブ5グラム 精油3滴
を混ぜ混ぜして、作りました。
「こんな簡単に作れるんだ~」
バスソルト作りを楽しんでいただけて良かったです♡
お家でもお好みの香りで作ったり
アレンジを楽しんでくださいね♪

診療科の選び方では、医療機関勤務のボランティアさんに
お話を伺いました。
ボランティアさんのお勤めが形成・整形外科であることや
ご自身の治療経験談から、美容の話題で盛り上がっていたのが
印象的でした(^^;;
女性には関心が深いテーマですよね。

お子さんの受診のタイミング
にも関心が寄せられました。
高熱や苦しそうな症状の場合にどうしたら…
病院にかかるべきかどうか…
症状を見極めるのは難しいことですが
・水分が摂取できない
と場合は特に注意してくださいね、ということでした。
いざというときに相談できる、かかりつけ医を持っておくことも
必要ですね。

90分という時間の中で盛り込みすぎてしまって
自然療法の話ができなかったので
また機会があったら、
お手当お茶会みたいな企画
したいなぁと思っています。

今年度のママノワマルシェ およびバンビ企画への
ご参加ありがとうございました♡

[PR]
# by mamanowa-marche | 2017-03-22 14:18

~食が基本のナチュラルライフと子育てを考える♪ママノワバンビ&マルシェコープ(自然派奈良/組合員活動チーム)からのお知らせです~


by mamanowa-marche