おむつなし育児のお話会♪無事終わりました

今回は定員いっぱいの受付でしたが、お子さん連れだと
どうしても当日になってのキャンセルが出てしまいますね105.png
8組の予定でしたが、おむつなし育児、やっている人、やってみたい人、おむつ外しの参考に…
と、奈良市を中心に広範囲から6組の親子さんが集まってのにぎやかな会となりました。

組合員講師の曽我真世さんは看護師+チャイルドボディセラピスト。
3児の子育てをしながら、「看護師だからこそ出来る」子育て支援活動をされています。
今回はおむつなし育児でお願いしましたが、親子の触れ合いを大切に…という想いから、
ベビーマッサージやベビー~キッズヨガ、わらべうた遊びなどの講師もOK179.png
とのことなので、そんな企画もまたそのうちに110.png

さて、「おむつなし」といいますが、
おむつをする・しないは実はそれほど問題ではないのだそうです。
おむつなし育児とは、排泄をきっかけとしたコミュニケーション。
赤ちゃんが生まれながらに持つ排泄感覚を失わせないようにしながら、健康に育てるやり方。
ひと昔前は日本の子育ての当たり前だったといいますが、今の時代は紙おむつが主流です。

赤ちゃんの肌には布おむつがいいのかな?おむつなしってどんな風に進めたらいいの?
と疑問を感じても、本やネットだけではよくわからなかったり、
周囲のママ友や家族でも関心のない方には相談もできなかったりしますね。

まよさんご自身が、興味をもってやりはじめたものの、
いろいろな疑問で試行錯誤の日々だったそうです。
折よく、おむつなし育児アドバイザーの養成講座があり
そこに参加して、系統立てた知識や実践法などを学び
アドバイザー資格を取得。
今では外出先でもお子さん(6か月)の意思表示によって
トイレに連れて行って排泄できるように!

リアルタイムで実践中のまよさんだからこそ、
まずやってみよう、と思った時につまずきがちなポイントや、
気軽に始めたい時の道具のそろえ方など
ハードルを下げて、取り入れやすい「おむつなし育児」を
伝えてくれました。
参加者の方は、できるところから、始めるヒントをもらえたのではないでしょうか?

自然派を利用しているママさんは、いろんな面で意識が高い方が多いな、と感じます。
勉強熱心で知識もあるからこそ、他の方より気になることも多いかもしれません。
自然育児?大変そう~と周囲の人たちと共有できない時には、
こそだてカフェに遊びに来てくださいね162.png

同じようなことに関心ある人と話してホッとしてほしい…
子育てで一番大事なのは「ママの笑顔」!
ストイックな修行をしたいわけじゃないけど、子どもや家族の心と体に優しいくらしをしたいな、
そのためには食や環境も大切だな…と考えている自然派なママたちにとって、
こそだてカフェがリラックス&リフレッシュの場になりますように

次回は
11月21日(火)10時~12時 「ママの息抜き、どうしてる?」
アロマハンドトリートメント体験つきです。
【お申し込みは下記をご覧ください】

■イベントID :16160323

■主 催:ママノワバンビ&マルシェ

----------------------------------
 お問い合わせ・お申し込み
----------------------------------
<24時間受付> FAX : 0742-93-4485
        mail : eventnara@shizenha.co.jp
<月~金8:30~20:00> フリーダイアル:0120-408-300
           (携帯・IPフォン:088-603-0080)

▼お申込み時①~⑦をお伝えください。
①イベント名 :自然派・こそだてカフェ~「ママの息抜き」どうしてる
②イベントID :16160323
③お名前(組合員名)
④組合員コード(組合員の方のみ)
⑤参加人数
⑥連絡先


[PR]
by mamanowa-marche | 2017-11-12 22:36